Gallery

写真展


第70回旧三商大写真展

~創立85周年記念~

2021/08/31

ご案内

ご覧いただきありがとうございます。このページではテーマ「希望」作品について掲載しています。 また旧三商大展トップページでは85周年を記念して、旧三商大写真部の歴史紹介を行っております。よろしければあわせてご覧ください。

他の2テーマの作品につきましては、下記リンクをご参照ください。


作品


掲載順(大学別)

  • 一橋大学・津田塾大学(9作品)
    No.1~No.9
  • 大阪市立大学(11作品)
    No.10~No.20
  • 神戸大学(25作品)
    No.21~No.45

No.1

Title:上を向いて
Photo by:一橋大学 4年 N.E.
Comment:涙は零れても構わない




No.2

Title:いつか行ける日を夢見て
Photo by:一橋大学 3年 古賀 政嵩
Comment:夏からの留学が中止。 希望はまだある、と思っているがどうだろうか。




No.3

Title:ここから
Photo by:一橋大学 3年 白石 脩
Comment:世界が何色だって、どこへでも行ける。翔けて行ける。




No.4

Title:未熟なダリア
Photo by:津田塾大学 1年 U.S.
Comment:ー




No.5

Title:希望の朝
Photo by:一橋大学 1年 S.K.
Comment:人がまばらな朝の新宿で、輝く太陽に希望を感じました。




No.6

Title:少年の夢、少女の夢
Photo by:一橋大学 昭和33年卒 羽島 賢一
Comment:何時の時代でも、少女は愛を求め、少年は野球選手を目指す




No.7

Title:わが家の木槿(むくげ)
Photo by:一橋大学 昭和33年卒 森 正之
Comment:畑の一角で満開の木槿。三角塔は旧久我小学校(現准看護学校)です。
撮影2021.7.22(木)




No.8

Title:未来
Photo by:一橋大学 平成7年卒 高原 浩一
Comment:ー




No.9

Title:荒地に咲く
Photo by:一橋大学 平成10年卒 小池 学伸
Comment:護岸で切り崩された川岸に咲いた花




No.10

Title:山登り後に
Photo by:大阪市立大学 4年 T.H.
Comment:運動後のラーメンほど人に希望を与えるものはないと思う。




No.11

Title:芽吹く
Photo by:大阪市立大学 4年 EF
Comment:生まれたての夏




No.12

Title:輝くときを求めて
Photo by:大阪市立大学 3年 nG
Comment:困難な現状でも、いつかは輝く時が来ます。 いつかは輝ける時が来るという希望を持って、この先を生きていきたいと思います。




No.13

Title:つながりは今もそこに
Photo by:大阪市立大学 2年 今井 太陽
Comment:1690年より続く伝統ある高知の日曜市。そこには300年以上の歴史を感じる昔ながらの温かい雰囲気とコロナ前には当たり前だった人と人の顔を合わせ話を交わすつながりを感じさせるものが確かに存在していた。我々が取り戻すべき、そんな何気ない希望の日常がここにはあった。




No.14

Title:溢れ出る
Photo by:大阪市立大学 2年 川原 ヒカル
Comment:ー




No.15

Title:Look Back
Photo by:大阪市立大学 2年 津田 航大
Comment:ー




No.16

Title:営み
Photo by:大阪市立大学 2年 N.H.
Comment:ー




No.17

Title:春の希望
Photo by:大阪市立大学 2年 T.H.
Comment:伏見十石船かっこいいです。




No.18

Title:色褪せないように
Photo by:大阪市立大学 1年 多田 彩夏
Comment:ー




No.19

Title:子供の成長
Photo by:大阪市立大学 昭和44年卒 山出 惠治
Comment:ー




No.20

Title:ダイヤモンド富士
Photo by:大阪市立大学 昭和45年卒 三好 克治
Comment:ー




No.21

Title:いつか私たちも!
Photo by:神戸大学 4年 Ryle
Comment:年末くらいにはなんとかならないかな




No.22

Title:願いの先には
Photo by:神戸大学 3年 Y.N.
Comment:短冊の願いは神馬の元へ




No.23

Title:明けない夜はない
Photo by:神戸大学 2年 伊藤 和音
Comment:ー




No.24

Title:朝を連れてきて
Photo by:神戸大学 2年 大森 涼葉
Comment:ー




No.25

Title:ひより
Photo by:神戸大学 2年 K.R.
Comment:ー




No.26

Title:いちばん遠い
Photo by:神戸大学 2年 佐藤 静紅
Comment:最も眩しい光はいちばん遠いところで燃えている。




No.27

Title:希望をつないで
Photo by:神戸大学 2年 K.M.
Comment:ー




No.28

Title:乗り越える
Photo by:神戸大学 1年 R.U.
Comment:コロナ禍で漠然とした不安を感じていた時期にちょうど羽の欠けた蝶が懸命に飛んでいてその姿を見て励まされました。




No.29

Title:ひと月の果て
Photo by:神戸大学 1年 w.y
Comment:たんぽぽから綿毛に変わるのには1ヶ月かかるそうです。一月後の未来を表すようなタイトルにしました。




No.30

Title:祈り
Photo by:神戸大学 昭和40年卒 浜野 昌弘
Comment:息をのむような絶景。思わずシャッターを切りました。ニュージーランド、テカポ湖畔で見た「天の川と南十字星」と、もう一度見たい。




No.31

Title:雪のプレゼント
Photo by:神戸大学 昭和43年卒 岩永 滋
Comment:新年心新たに菜の花撮影に。ところが一面の雪景色。園児たちは思いがけない雪のプレゼントに喜び一杯でした。




No.32

Title:遥かなる宇宙へ
Photo by:神戸大学 昭和44年卒 森 泰造
Comment:氷結した湖の表面の氷片に遠く離れた星雲を目指す宇宙船の姿を重ねた。




No.33

Title:希望を下さい
Photo by:神戸大学 昭和45年卒 田中 伸忠
Comment:先の見えにくい世相です。 白い犬に同情します。




No.34

Title:華は咲く
Photo by:神戸大学 昭和50年卒 大森 浩史
Comment:コロナ禍下における希望を睡蓮の花に託して




No.35

Title:明日へ
Photo by:神戸大学 昭和50年卒 松本 純郎
Comment:寺院内にある海外の募金で経営されている無料のロースクールの生徒が授業を終わり帰る所です。未来への明るい希望を感じました。




No.36

Title:裸足の花嫁
Photo by:神戸大学 昭和51年卒 小林 泰明
Comment:結婚式の写真の前撮りの新郎、新婦。下の窪んだところから新婦が靴を脱いで階段を上ってきました。溢れる希望の中の一寸微笑ましいシーンでした。




No.37

Title:お父さん明日はね
Photo by:神戸大学 昭和54年卒 太田 吉彦
Comment:今も続くコロナ禍ですが、昨年のGW、旅行にも行けない中、夕空が綺麗だったので、我がニュータウン内をカメラを持って出かけると、ちょうどいい方向に親子の姿が見えたので、狙ってみました。すぐに暮れる夕日と、親子の位置、ポーズ、一瞬の切り取り写真です。




No.38

Title:見つめる
Photo by:神戸大学 昭和54年卒 大西 良雄
Comment:子供が未来を見つめている。その先にはどんな希望が・・・




No.39

Title:点燈
Photo by:神戸大学 昭和54年卒 清水 博之
Comment:冬の北海道を旅したとき、美瑛の有名なクリスマスツリーに西陽が点燈する瞬間に遭遇することができました。コロナ終息を願って、応募します。




No.40

Title:サクラ咲く
Photo by:神戸大学 昭和54年卒 田代 清隆
Comment:今年は休みと天候が合わずに桜の写真が撮れませんでした。最後に撮りに行った時もすでに遅く、諦めて帰ろうとした時に駐車場で見つけて撮ったものです。諦めるなという桜です。




No.41

Title:復興は続く
Photo by:神戸大学 昭和54年卒 成嶋 則之
Comment:震災後は、初めて訪れた東松島海岸、このすぐ横で宿泊した場所は、一面広い整地となっていました。




No.42

Title:春の陽光
Photo by:神戸大学 昭和55年卒 日比野 明憲
Comment:「越代のサクラ」 樹齢約400年の山桜




No.43

Title:神戸ルミナリエ 2019
Photo by:神戸大学 昭和56年卒 稲垣 誠
Comment:そもそも神戸ルミナリエは、震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事です。そんな行事の中で、まさに希望となるような画像を撮影することが出来ました。




No.44

Title:この光が帰ってくる日を
Photo by:神戸大学 平成2年卒 川井ケンゾー
Comment:神戸ルミナリエは市民にとって「希望の光」。2020年と2021年はコロナ禍で中止となりました。




No.45

Title:夢の舞台
Photo by:神戸大学 平成24年卒 古賀 竜太郎
Comment:2年ぶりの熱い夏




アンケート

最後までご覧いただきありがとうございました。 よろしければ、作品アンケートにご協力ください。

他の2テーマの作品は下記よりご覧いただけます。